こうでもしないとやってられん!

陰キャクソ雑魚大学生がひたすら好きなものを好き勝手書くブログです。デレステやスプラトゥーンにはまっています。アイドルと美味しいものが好き。

【デレステ】つぼみ を振り返る【イベント】

楽曲譜面と順位

イベント当時はiPhoneの機種変更だかなんだかでプレイできませんでした。よって順位はなし!思い出の鍵とイベ限スカチケで回収はしました。

 

マスター譜面は遅いし難易度も低い方ですがフルコンするのには時間がかかりました。遅すぎてフリックが抜けたり、タイミングがずれたりしてなかなか苦戦しました。今ではフルコンできるようになりましたが、まだまだ精度は低いです。

 

 コミュ

イベントコミュの題名がそれぞれの「色」を表していることはわかったのですが、馬鹿だからなにせ感じが読めない。ということで調べてみました。

 

向日葵色の親愛(ひまわり)

水縹色の自由(みはなだ) 昔の水色の言い方

臙脂色の歌声(えんじ 濃い紅色の言い方

真紅の情熱(しんく)

萌葱色の心(もえぎ) 萌えるような葱の緑色

 

 えんじとかみはなだとかどうやって読むねん?!

誰がどの色に対応しているかはプロデューサーならいわなくてもわかるな?

 

 

楽曲が「つぼみ」ということで今回はつぼみから花開くには?というお話。

「なにかにチャレンジするとか、興味がなかった部分に興味を持ってみるとか、できないことをできるようになったりとか」という例をあげて夕美ちゃんは言ってみました。これに志希にゃんは少し苦戦します。この子にとったらアイドル自体が始めての挑戦なのでこれからなにをどうすれば?という感じに。たしかに大人気グループLiPPSのメンバーとして注目も浴び、比較的強キャラ(?)のイメージもあったりするのですが、こういった悩みも持ってたりするのです。そしてこの夕美ちゃんの言葉は私たちにとっても大切で、子供大人関係なくチャレンジすることって必要ですよね。でも難しい。私もなかなか重い腰が上がらず、ついつい先延ばしにしてしまうので…。

 

周子ちゃんはみくにゃんがダンスに苦戦して熱くなっていたところを「休憩も必要だよ

」と声をかけつつ、自分は全然ダンスを覚えきれていないところを見せました。実はこれもハッタリでして、本当は踊れるけどみくにゃんを焦らせないためにわざとできないふりをして見せたのです。なんとも周子ちゃんらしく飄々としていて素敵でした。

 

 

夕美ちゃんは「いつでもお花を育てていて楽しそうだから」、楓さんは「大人だから」と悩みのない人として扱われるという話をしていました。人間って難しいものでどんなに強そうな人でも何かしら弱さや怖さ、悩みを抱えているかもしれないのです。そういうところに少しでも気づいてあげれたらいいな。

 

 

総選挙曲ということもあって思い入れの深いプロデューサーも多いのではないでしょうか。私はまだデレマスを知らないときだったのでその気分を味わえないのが悔やまれますが!みなさんもぜひ「つぼみ」をプレイしてみてください!

 

 

 

 

 

 前回☟

 

kou-pro.hatenablog.com