こうでもしないとやってられん!

陰キャクソ雑魚大学生がひたすら好きなものを好き勝手書くブログです。デレステやスプラトゥーンにはまっています。アイドルと美味しいものが好き。

レディプレイヤーワンにはネトゲの面白さが詰まってる

 

先日久しぶりに映画を観ようと思って劇場に足を運んでみたのですが、アマゾンズもコナンもアベンジャーズも自分がいける時間にやっていなかったためしゃあなし「レディプレイヤーワン」を観てきました。

 

事前情報がガンダムとかキングコングが出てきてなんかお祭り騒ぎってイメージしかなくて、ぶっちゃけ「レジェンドキャラクターでゴリ押し!」「考えるな感じろ!」みたいな映画だと思ってたんですよね。

 

しかし、観てみたらなんとまあ面白いこと。開始数分で引き込まれて行きましたね。SAO(ソードアートオンライン)なんかわかる人いたらいいんですけど、ネットゲームのお話なんですよね。主人公はまあ普通のゲーマーでして、じゃあなにをするかっていいますと、「創始者がゲーム内に隠した3つの鍵を探し出す」「すべて集めたものにはゲームの運営権とやばいほど資産を上げるよ」という感じです。鍵にはそれぞれ試練があってバトルだけでなく、レース、ホラー、謎解き、たくさんの知識や技術を結集させて挑まなければなりません。またこの3つの鍵を狙う大企業が数の暴力でこれらを奪おうとしてきます。戦う悪の結社てきなかんじですね。

 

ネトゲやってる人からしたらそりゃもう大興奮ですよ。アバターと中身のギャップだったり、中身を知るときのシチュエーションだったり、たくさんのゲームジャンルがあったり、たくさんのプレイヤーとボスに挑んだり、競い合ったり。「こういうの好き!!!」っていうのがたくさん詰まってて面白かったです。

 

 

また、色んな作品のキャラクターが出るのでオリキャラが目立たなくなるのでは?と危惧していたのですが、他作品のキャラや要素はあくまでもNPCやコスチューム、アイテムや用語といった感じで、そのキャラそのまんま出てくるということではないので別物としてみることができます。ゲームの世界ですからなんでもありです。映画やサブカル好きの方にもおすすめですね!1回目では確認できなかったキャラとかもいたのでもういっかいじっくりみたいです。それくらいたくさんでてきます。

 

 

原作が小説らしく、こちらのほうでは映画では描き切れなかったストーリーなんかも余すことなく楽しめるようなので私も読みたいと思います!

 

 現在この原作の続編が書かれているとの噂なのでもしかしたら映画の続編もあるかもしれませんね!監督も次回作があるならウルトラマンなんかも出したいとおっしゃってるみたいですし、期待がかかります。

 

 

「レディプレイヤーワン」少し空いた時間や、なにか映画を観たくなった時にぜひご覧になってください。このワクワクをみなさんにも味わってもらいたいです!