こうでもしないとやってられん!

陰キャクソ雑魚大学生がひたすら好きなものを好き勝手書くブログです。デレステやスプラトゥーンにはまっています。アイドルと美味しいものが好き。

ありがとう、キュウレンジャー

 

今日、毎週日曜朝に放送されていた宇宙戦隊キュウレンジャーが終了しました。全48話、大いに私を楽しませてくれました。寂しいですが、せっかくなのでこの1年間のキュウレンジャーに対する感想を書いていこうと思います。

 

 

まずキュウレンジャーが始まった時、これは絶対に面白い!と確信しました。初期メンバーが9人という多さ、敵組織から地球を守るスタイルではなく既に敵組織が宇宙を支配しておりそれに反逆するスタイル、そして大好きな星座モチーフ。ジュウオウジャーロスに苦しめられていましたが、期待が持てました。

 

EDは特撮をあまり見ていない人でも「キューキュータマタマ」ってやばくない?下ネタじゃん!と一般人の心も掴んでおり私の盛り上がりは好調でした。デレマスの鷺沢文香役、ゴーカイイエロー役のM・A・Oさんや大塚明夫さん、小野友樹さん、神谷浩二さん、など人気の声優さんの出演も多くて楽しみでした。女優はハミィしかいなかったので少し目の保養には足りないように思われましたが、そのぶんイケメン成分も多く、ハミィ自身も可愛さのレパートリーも多くて思い過ごしだったようでした。

 

 

 

本編が始まってからも熱は冷めることがなく、毎週楽しみでした。まず、強敵キャラのイカーゲンとの戦いだ。ショウ司令、小太郎の仲間入りからすべての攻撃を読む敵との戦い。私もてっきりほんとに予言能力があるのかと思って、「いきなりこんな敵だすとかやべえなぁ!」と胸を膨らませました。結果、目がたくさんありそこから次の攻撃や後ろからの攻撃を読んでいたというからくりだったため、双子キュータマで分身して一斉攻撃という機転を利かせた作戦で討伐する。ジュウオウジャーでいう「バングレイ」と同じ?ポジションだったために良い倒し方だったと思います。

 

 

 

スティンガーとスコルピオの兄弟対決は小太郎やチャンプの助けもありつつ良い方向に行って終わりました。さすがに序盤なのでスティンガー退場ってことはないと思いつつもハラハラする展開で、「え、それ死ぬくない?!」と毎週叫んでいました。アンタレス?使ったときはあ、終わった・・・と思ってしまいました。最後はスコルピオもキュウレンジャーの味方をしてくれて、兄弟の絆を残しつつ私たちやキュウレンジャーたちのドンアルマゲへのヘイトを高まらせたよい結末だったと感じました。

 

 

 

ツルギ復活の下りはぶっちゃけ仲間になるに決まってると思ってみていましたが、どちらも尊重しあう、剣と盾のような関係から仲間になりました。最後はもう相棒のような感じで熱かったですね。過去のリーダーと現在のリーダーという流れは戦隊ではなかなかなかった?と思います。

 

 

 

 

ナーガ奪還作戦と過去編の同時進行も戦隊モノにはなかったようなスタイルでわくわくしましたね。ナーガはバランスが一緒に必殺技を受けた時に、心の声が届いて戻るというご都合展開かと思いきや戻らずに実際は脳内で支配しているインダベーがいるという展開でした。心の力!とかなんか気合でなんとかなる展開はあまり好まないので嬉しかったです。オリオン号沈没は正直「one-pieceかよ!」とツッコんでしまいました。ガルはゾロと同じ声優だし、スパーダは黄色で料理人だったり、それっぽいと思ってましたがここまでされるとデジャブを感じてしまいますよね。

 

 

 

今までは1話につきレンジャー5人だったのが9人~12人となってしまうとギャラとかの問題があるのか、キューレットザチャンスや別行動、一時退場がありましたが、まったく大人の都合を感じさせず違和感ないように思えました。

 

 

 

ラスボスである「ドンアルマゲ」は過去での戦闘、憑依体、クエルボ体、ツルギ体、全人類吸収体、本体、とレパートリーも多く、終盤まで正体がわからずドキドキしました。これもなかなか今までなかったと思うので面白かったですね。ツルギくんは寿命、クエルボの融合、と死亡フラグビンビンで最後は「俺にかまわず倒せ~!」なんていうもんだからまじで死んでしまうんかと思いきや、ラッキーをはじめキュウレンジャーは最後まで全員が生き残り宇宙を救うことに賭けていた姿には感動しました。お茶の間の子供から大きいお友達や親御さんまで最後まで諦めない姿に心を打たれたことでしょう。

 

 

 

そういえば少し前にドンアルマゲの正体を予想する記事を書いていました。果たして正解はあったのでしょうか。

kou-pro.hatenablog.com

 

 

 

ジャークマターの敵も好きなのが多くて、ククルーガ、イカーゲン、あとは意外かもしれませんがマゲラーも結構好きでした。あとはツヨインダべーの名前が結構好きでして、メディアツヨインダべー、モンドウムヨインダベー、ムッチャツヨインダべーとかそのまんま過ぎて登場するたびに笑っていました。

 

 

 

なにはともあれこの一年間、感動と興奮を毎週与えてくださったことに感謝するとともに、最後は全員の夢が叶ったことに祝福を称えたいと思います。拙い感想かつ書きたいことも抜けているかもしれませんが、ここまで読んでくれた方がいればお礼申し上げたいと思います。いや、ほんとに書きなぐったし途中からなに書いてるかわからなかったし、有益なことも書いていないのでプラウザバックされた方が多いんじゃないかなぁ・・・。

 

 

 

次の戦隊怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーも面白そうなので引き続きニチアサは追い続けていきたいと思います。プリキュアは新シリーズが始まり、ビルドはなかなか重い展開になっていきまだまだ終わらないなという感じです。みなさんもぜひニチアサ勢の仲間入りを!!!

 

 

 

 

 

おすすめ記事はこちら☟

 

kou-pro.hatenablog.com

kou-pro.hatenablog.com