こうでもしないとやってられん!

陰キャクソ雑魚大学生がひたすら好きなものを好き勝手書くブログです。デレステやスプラトゥーンにはまっています。アイドルと美味しいものが好き。

ヒメゴト~十九歳の制服~を読んだ感想!大学生ってフクザツ!

最近Twitterやサイトの広告で見かけますよね。実は2年前くらいにも同じように広告がたくさん出てたのですよ。その時に気になって全巻読破したのですが、この機会に読み直してみました。

 

 f:id:KingOrderUnit:20171104173928j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメゴト~十九歳の制服~とは?

ヒメゴトは峰浪りょうによって書かれた漫画作品。モバMANというウェブコミック配信サイトで2010年~2014年に連載されていました。巻数は全8巻。

csbs.shogakukan.co.jpこちらから試し読みもできます。2年前はネットで3巻まで試し読みできたのですが今できるサイトはなさそうです。

 

 

物語のカギを握る3人

舞台は東京の架空の大学、花森大学です。そこに通う3人の学生はそれぞれ人には言えない”ヒメゴト”を抱えています。

 

檪原由樹(いちはらゆき)

物語の主人公である19歳の女子大生。しかし、髪はボサボサでTシャツにジーパン、子供の時から男勝りだったためついたあだ名は「ヨシキ」。本当は女の子のようにスカートを着ておしゃれしてみたいけどなかなかできない。その原因ともなっているのが中学からの友人である根本祥。大学では変わろうとしている由樹に対して「女みたいだぞ、ヨシキ」と言って縛り付けている。そのため由樹ちゃんは家でこっそり高校の制服を着て自慰することが習慣となっている。

 

 

永尾未果子(ながおみかこ)

同じく19歳の女子大生。由樹とは打って変わってお嬢様のような女の子。黒髪ロングで華奢な体型で化粧もせず高価な服を身に纏っている。大学生ぽくない容姿に加え「家の門限があるから」「髪を染めると親が不良だと思い込むから」という生粋のお嬢様である。しかし、本当は「15歳」のフリをして援交をしているためそのような嘘をついている。若さという自分の価値を誰よりも見出しており、それが損なわれることを恐れている。そのためいつまでも15歳のフリをしている。

 

 

相葉佳人(あいばかいと)

19歳の男子大学生。イケメンであるがどこか可愛いような中性的な顔立ちをしている。ファッション雑誌のモデルになるなど大学でも女性の注目であるカイト。年上の彼女もいて男としてなに不自由なく生きているがあくまでそれは男であって彼には女装癖がある。子供の時から女装を受け入れてくれる女性と性行為をすることを望んでいるがみんな男のカイトにしか興味がなく、女装の趣味を打ち明けられたことはない。大学になってからは永尾未果子に憧れ、まったく同じ格好をして夜の街を歩くことを楽しんでいる。ゆくゆくは未果子に女装のことを打ち明けてお付き合いしたいと思っている。

 

 

セクシャルマイノリティに切り込むストーリー

近頃は同性愛や異性装の話題も多く世の中の関心や理解も高まってきているのではないでしょうか。作中ではそういったシーンも多く、それらをどうやって受け入れてもらうか、周りはどう受け止めるかも重要な部分となっていきます。私も大学生なので周りに同じような人がいればどのような対応をしていたのだろうかと考えさせられました。

 

 

 

エロいシーンが多いよ!

広告でもちょっぴりエロいシーンが多い?ですよね。私も最初はそれに惹かれて無料立ち読みを読みました。このページを見てくださっている方もそういった印象を持っている方は多いのではないでしょうか。正直そういうシーンは多いのでムラムラしますけど、それだけじゃなかったためこんな不純な動機で読み始めてしまってちょっとなぁという感じですが。どんな理由であれこの作品に出会えたことは良かったと思っています。

 

 

おわりに

とにかく一回読んでみて!

私は年代がほぼ同じということもあって面白く読めました。といってもこんな経験はないし、そもそも全然モテないから女性と話すことなんてなかなかないけどね。辛いからやめようぜ。

 

ネットで電子書籍も購入できます。Amazonなどでも書籍販売しているのでご購入のうえぜひ読んでみてください